2017
02.28
Featured Video Play Icon

セルロース用の難燃剤としてポリホウ酸ナトリウム

セルロース用の難燃剤としてsoufaポリホウ酸ナトリウムが有効だと考えています。
紙や木材にはリン酸系の難燃剤が利用される事が多いようですが、黄ばんでしまったりハリがなくなるとい言った問題点が指摘されてきました。
そこで新たに難燃材市場に投入したホウ素系難燃剤ポリホウ酸ナトリウムはセルロースへの難燃性付与効果が高いと言えます。

元々は木材用の難燃剤として開発されましたが、現在はその他セルロース系材料への適用を見込まれ様々なところへ出荷しています。
今では元々の用途よりもその他用途の方が出荷が多くなってきました。

その為、例えば段ボールや紙、和紙などにも適用可能です。パルプ系の材料にも良好に作用します。

そこでsoufaでは紙の中でも皆さんが日常的に使用しているティシューにsoufaを吹き付け乾燥後ライターにて着火を行ってみました。

燃えないティッシュ※炭になり燃え広がらない

普通のティッシュにsoufaをスプレーで吹き付けて乾燥させただけです。ティッシュ自体は若干ごわついた感じになりますがこれにより着火する事はありませんでした。
吹きつけの様子はこの様な感じです。

セルロース系材料にはとても有効に作用するホウ素系難燃剤です。
樹脂デッキ等で木粉等が混ざっている場合でも対応できるのではないかと考えています。近年ではCNF(セルロースナノファイバー)への難燃性付与を期待しています。

木粉への適用は幾つかのメーカーで検証中です。
簡易テストでは良好な結果が出ています。

詳しくは公式サイトでご確認ください。
SOUFA公式サイト