他の木材難燃剤との違いは?

soufaは主原料をホウ酸とするホウ酸系不燃液です。
ホウ素系化合物以外のその他薬剤は含まれていない為安全性が高く浸透性に優れています。

従来品はホウ酸とリン酸の化合物やリン酸グアニジン等が利用されますが、これらは木材への浸透度合いが低く所定の難燃性能を発揮する為には大量の薬剤を木材に導入する必要があります。その為材料が固くなり加工が困難です。白華や溶脱現象も起こりやすく実用にはいくつかの問題点があります。

soufaは従来品よりも少ない導入量で難燃性能を発揮できるため材料の風合いを損なうことなく、塗装やその他加工も可能であるという特徴を持っています。soufaを含浸させた木材には白華現象、溶脱現象は確認されていません。

お問合せはこちら

お問合せ/資料請求
Translate »