一般的な防蟻剤(農薬系)との違いは何ですか?

一般的な防腐防蟻薬剤は、農薬系の神経毒です。人体やペット等に影響があり、シックハウス、化学物質過敏症の原因になるといわれています。
また、農薬系の防腐防蟻剤の効果は最長で5年間であり、都度再施工が必要となります。
その際は床下のみの施工となり、壁で覆われている内部の柱はその後薬剤が切れた状態となります。

一方SOUFAはホウ酸系であり、昆虫に対して食毒性です。
シロアリ対策の効果が高く、万が一、体内に入ったとしても哺乳類であれば、腎臓機能で体外に排出されます。
人間に対する急性経口毒性は食塩程度といわれています。

また、SOUFAは有効成分と水のみで構成されている為、蒸発する物質は「水」のみです。
水がかからない限り半永久的に有効成分が木材にとどまり効果を発揮し続けます。

お問合せはこちら

お問合せ/資料請求
Translate »