2020
06.18

ダンボールの難燃化

ダンボール(両面)にSOUFAを刷毛塗りし、乾燥後アルコールランプで着火しました。

SOUFAはセルロースに対して高い難燃性を付与するので簡単に燃えなくなります。ただし、焦げます。

難燃化の仕組みとしては、SOUFAがダンボールのパルプに定着し、熱が加わる事で熱に反応し、綿表面に薄いガラス皮膜を形成します。同時に綿の炭素と結合し、酸素遮断膜を形成します。

その為、一旦焦げるとそれ以上燃え広がることがありません。刷毛塗程度であればあまり質感に影響は見られません。ダンボールの場合、内部の芯まで火が到達すると着火する可能性があります。それは、表が分から塗っただけでは内部の芯までSOUFAが浸透しないからです。ディッピングで芯まで染み込ませれば、さらに燃えなくなります。またはダンボールの原紙の段階で処理すると効果が高いでしょう。

ただし、塗布量が多すぎると固くなると考えられます。それはホウ酸がセルロースを若干硬化させる特性がある為です。