2017
04.17

ホウ酸防蟻剤ハウスメーカーまとめ

主要メーカーでホウ酸系防蟻剤を利用しているハウスメーカーは存在していないようです。
日本で認可が遅れていたホウ酸系防蟻剤ですが2011年から数社の薬剤がやっと認定を取得しています。
リオティント社のティンボアを輸入して生成している製品ですね。薬剤名は8ホウ酸2ナトリウム4水和物です。
アメリカではこれらのホウ酸はもともと白蟻にとって有効であると認められていた為、安価で安全性の高いホウ酸がメインで防蟻防腐処理として利用されてきました。

日本ではいくつかの諸条件から長い間、業界の指針である認定を取得する事ができませんした。
現在認定されているホウ酸系防蟻剤のメーカーは主に3つです。

エコパパウダー
日本ボレイト
大日本防腐

いずれも8ホウ酸を主原料にしています。すべての材料を比較したことはありませんが8ホウ酸は水への溶解性がそこまで高くない為、濃度維持剤を添加するか使用の都度水溶液化するかの方法にて利用されます。

まだまだコストが高いこともありハウスメーカーの本格採用には至っていないようですが、効果や持続力に関してはホウ酸系が農薬系に比べて有利なのでこれから主流になる可能性は高いと考えられます。
その際に問題になってくるのが保障内容に関する問題ですが、大手防蟻剤メーカーがホウ酸系防蟻剤メーカーと手を組み保険問題を解決できれば防蟻剤の主流が農薬系からホウ酸系シフトすることも十分に考えられます。

弊社は8ホウ酸は利用せず別のホウ酸を生成しています。水への溶解度は高く一般販売しているタイプで16%濃度を有しています。5℃以上で保管すれば特に成分析出は見られません。

ハウスメーカー各社も今まで様々な差別化を打ち出してきましたが、正直出尽くし感が否めません。防蟻剤の変化ではあまりインパクトは大きくありませんが、化学物質のなるべく少ない家作りをする中では農薬系防蟻剤は利用しにくい為ホウ酸系への依存度が加速するのではないかと考えています。