2017
03.03

リグノセルロースナノファイバーの難燃化・難燃剤

資料が少ない為情報が集まりにくい状態ですが、リグノセルロースナノファイバーにおいてもセルロースに有効な難燃剤が効果を発揮すると考えられます。
※セルロースナノファイバーを利用して塗布型難燃剤の検証を行いました。
⇒こちら

ポリホウ酸ナトリウム、リン酸グアニジン等です。
これらは多くは不燃木材の開発等に利用されています。この2つではポリホウ酸塩の方が難燃効果は高いと思います。

比較的手に入りやすいホウ酸塩は八ホウ酸二ナトリウム四水和物です。輸入品になりますが、木材保存剤として流通しています。アメリカやオーストラリアなどではホウ酸を新築住宅のシロアリ対策として採用する事が一般的なのでその用途向けに開発されています。その為難燃剤としては考えられていません。

その他のポリホウ酸塩で入手可能なのはsoufaです。8ホウ酸を難燃剤として利用するとポリホウ酸ナトリウムの特許に抵触する可能性があります。
http://soufa.jp/

こちらも防蟻効果を謳っていますが、難燃剤としても流通しています。
木材に浸みこませる場合は水への溶解度が高くないと難しいのですが、ベストボロンは先のホウ酸塩よりも溶解度が高く浸透性も優れています。
リグノナノセルロースへの適用方法は不明ですが、製造過程で含浸させるか混ぜ込めばおそらく難燃性を付与できるでしょう。