防蟻性能

金沢工業大学の露本教授により開発されたホウ酸系防腐防蟻剤SOUFA (ソウファ)は、アメリカカンザイシロアリを死滅させることができます。SOUFAはホウ酸系の水溶液で、研究の末ナノ化に成功しました。ホウ酸系防蟻剤は日本ではまだ取り扱いが非常に少なくこれから本格的に普及が進んでゆきます。
弊社では技術顧問である京都大学吉村教授の協力を得て、アメリカカンザイシロアリに対する防蟻剤としての効果を実証しています。

商品はこちらからご購入いただけます。
SOUFAソウファストア

シロアリに関しては弊社技術顧問である京都大学吉村教授のもと、所定の試験をクリアし性能基準を満たしています。

ハワイ州では昔からホウ酸系防蟻剤の使用が義務化され、シロアリ問題は概ね解決しています。ホウ酸系防蟻剤の効果が実証されている分かりやすい事例です。日本でも人体にほとんど影響のないホウ酸系防蟻剤が今後普及する事が見込まれています。
木材へ含浸しやすいのが特徴で、soufa16水溶液で防腐・防虫・防蟻の効果を発揮します。施工方法は簡単で、刷毛塗り、スプレー塗布、ローラー塗布等の方法にて作業可能です。また毒性も少ない為、軽装での作業が可能です。

SOUFAはJIS K 1571(2010)「木材保存剤の性能基準及びその試験方法」の性能基準を満たしています。

防蟻防腐安全データ試験結果ソウファ

ホウ酸は昆虫に対しては毒となりますが人間に対しては安全です。ホウ素そのものは生命体にとって生体維持の為極微量が必要であるとされています。しかし細胞内のホウ酸濃度が極端に高くなるとエネルギー代謝に異常をきたします。つまり食べた物をエネルギーに変換する事が出来なくなるのです。シロアリやその他不快害虫はホウ酸が体内に入る事で、腸の中に住んでいる共生生物が先に死滅します。するとシロアリは木材のセルロースを自身で分解する事が出来ないので、エネルギーを得る事が出来るやがて死滅します。

またシロアリ自身のホウ酸濃度も上昇する為2重の効果があるという訳です。

一方哺乳類である人間は腎臓を持っており、ホウ酸は腎臓にて簡単に排出させてしまいます。人間以外にもペットなどでも同じことが言えます。人間やペットに対しては安全でシロアリにはしっかり効果があるのがホウ酸系防蟻剤だと言えるでしょう。

従来の防蟻剤の様に揮発しない事も特徴としてあげられます。無機物で揮発しないのでホルムアルデヒド等の原因にもならず、効果は半永久的に持続します。

 

防蟻性能ソウファ
■ホウ酸塩をNa/B 比0.22 とすることで20℃で5.24mol/kg まで溶解可能。
■蒸発乾固で非晶質塩が生成。非晶質塩は発泡体状
■その非晶質塩は20℃で容易に再溶解。
■80℃では24.1mol/kg まで溶解可能。
金沢工業大学 環境化学科 教授 露本伊佐男 特許情報

SOUFAは(社)日本木材保存協会の優良木材保存剤として認定を取得しています。

アメリカカンザイシロアリ駆除

soufa防蟻PR映像

アベ・ホーム 東海地区特約店 株式会社スマイリー制作 soufaは㈳日本木材保存協会の認定薬剤として承認されま […]
ホウ酸系防蟻剤

対策・駆除について

アメリカカンザイシロアリの被害が一度発見されると、建物全体へのガス燻蒸処理や熱風処理という大掛かりな駆除が必要 […]
ホウ酸系防蟻剤

シロアリの被害状況

今までシロアリはジメジメした湿ったところを食べ尽くすため、地上から1m位までの土台・柱に防蟻剤を塗布すれば 防 […]
ホウ酸系防蟻剤

色害生体における特徴

京都大学の生物菌研究所の実態調査によると住宅のシロアリによる食害部位は床下の防除だけでは、被害全体のわずか15 […]
アメリカカンザイシロアリ効果あり

性能試験結果報告書(JIS K-1571)

SOUFA16%水溶液の性能試験結果報告 試験項目 室内防腐性能試験、室内防蟻性能試験、鉄腐食性試験 シロアリ […]
ページ上部へ戻る
Translate »